Buried Town 2

 

Buried Town 2

リアル「がっこうぐらし」再び!ゾンビはびこる世界で生き残るサバイバルSLGの正統続編!
SLG/無料/★★★★☆


「Buried Town 2&nbsp;」は、前作にあたる「Buried Town」の正統な続編。アウトブレイク後、ゾンビだらけになった世界を生き残るために冒険していくサバイバルSLGだ。<h3>刻一刻と時間が経過する緊迫のシステム</h3>基本はコマンド選択によって、アイテム作成や探索、戦闘などを行うが作業中は一気に時間が経過して、周囲の状況が変化していく。何もしなくても、じわじわと時間は経過し続けていて、おなかが減ったり、精神が疲弊していったり、死の要因が雪だるま式に増えていくんだ。<h3>進化したグラフィックと世界観</h3>前作に比べて特に進化したのがグラフィックで、よりリアルに荒廃した世界観を感じさせてくれる。主人公も数名から選べるようになり、イベントなどでの選択肢によって善悪値が変動して、ストーリーに影響していくなど、幅広い遊び方ができるようになったぞ。


拠点にいても完全に安心しちゃダメ、油断できない本気のサバイバル感覚を味わえるタイトルだ。世界はすでに終わっていて、外にはゾンビと正気を失っている可能性のある人間しかいないことを覚えておこう。<h3>玄関開けたら2分でゾンビ!</h3>例えば外に物資を探しに出ようと、武器も持たずに出てみたりしてみようものなら、本当に開始数分もしないうちに何らかの原因で死亡できちゃう!チュートリアルなんて生易しいものはないので、ゾンビがいるならどうするかを常に考えて行動していく必要がある。<h3>残酷な時間経過</h3>ポイントは、時間の経過があるという点で、人間24時間活動していたら死んじゃうよね?夜は寝るようにしたいし、食事をとらないと餓死が待っているし、そういった人間としての営みを考えて行動しないといけないってことだ。


生き残るためには、さまざまな物資が必要になるので、集めるだけでなく拠点で作ってストックしまくろう。街を徘徊するだけでなく、たまには拠点でDIYしまくるような日を設けていくのが長く生き残るコツだ。<h3>食料に飲み物の確保は十分に!</h3>缶詰のようにそのままで調理になっているものもあるが、イモなどの食品は加工することで回復力の高い食料に変化できるので、いち早くグリルなどの調理道具を確保しておこう。食べ物以外にもリラックス効果のある飲み物は、精神力を削られるこの世界では多めに用意しておいて損はないぞ。<h3>武器は壊れることを考慮しておけ!</h3>武器も外に出歩くなら必要になるが、近接武器は使うたびに劣化して壊れてしまうので、ストックを持ち歩くようにしたい。ゾンビの接近前に攻撃できる飛び道具は弾数に限りがあるので、複数を装備しておくように心がけよう。

Buried Town 2のゲームの流れ



新要素の主人公選択。解放させることで、いろいろなキャラクターが選べる。




最初に拠点で何ができるか確認していこう。アイテムは何があるか、現状の資源で何が作れるのか、いろいろと試しておくように。




外に出る時は、装備を確認していけ!武器も持たずに出るのは自殺行為。




ゾンビ以外にも敵は存在する。野党ごときはバットがあれば簡単に撃退できる。




武器がなければこの通り。瞬殺は当たり前のウィザードリィ序盤やスペランカー仕様だと思って欲しい。




拠点で眠れるようにベッドを作ったり、作業台を組み立てて武器を製造したり、DIYの幅は広い。




もちろんゾンビとの戦いも待ち受ける。今度は武器も防具も銃もある!簡単に撃退してやろう。




夜、日付が変わる時間は、何かがおこる・・・。今回は何も起こらなかったか。君は、何日生き残ることができる?


口コミ&招待コード掲示板

※招待コードが無いアプリもありますので、ご了承ください。
公序良俗に反する書き込みは予告なく削除させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。